アトピー性皮膚炎など敏感肌のスキンケア方法!

 

アトピー性皮膚炎や、炎症ニキビなどの目だった症例のほかにも、花粉の飛びかう時期に花粉の粒子によって肌のバリア機能が壊れてしまって肌荒れが起きてしまうなど、わたしたちは実にさまざまなトラブルにさらされています。敏感肌というのは、いずれの症例についても、肌のバリア機能が正しく働いていないことに原因があります。敏感肌の人は、肌のバリア機能を壊さないような、スキンケア方法が必要となります。具体的にはどのような方法でケアしていけばよいのかというと

 

・顔を洗いすぎないようにする。洗うときは低刺激の石鹸をつかう。
・シャンプーの刺激が顔にあたらないようにするために、シャンプーのあとに顔を洗う。
・洗うときの水はできるだけ塩素の少ないものを使う。浄水したものが望ましい。

 

とにかく、刺激となるものを減らすことが大事です。また、肌表面においては、水分と脂分をベストな割合でキープするのがのぞましいのですが、どうしても油分が多いほうが目に見えて「しっとりした」と感じやすく、油分の多いスキンケア商品を頼りがちです。ここはぐっとこらえて、仕上がりができるだけさっぱりとしたものを選び、肌そのものの力、肌が呼吸しようとする力、肌が生まれ変わろうとする力をさまたげないようにしましょう。