敏感肌になったらスキンケアしていい?すぐに皮膚科にいくべき?

敏感肌の人は、市販のスキンケア用品では合わないことも多いので、皮膚科に行って診断をしてもらうことが必要になってきますが、どのタイミングで行くべきか、というとこは迷ってしまいますよね。

 

炎症を起こしたタイミングや原因は?

  • 化粧品か果物などの食品に負けてアレルギーのような炎症の場合すぐに皮膚科の診察が必要。
  • 乾燥がひどく肌荒れをときどき起こすがすぐに改善するスキンケアを見直すのと生活習慣の見直し。

肌トラブルについては、緊急性があるものと、そうでないものがあります。
また、普段から食生活や不規則な生活など乱れがあると、肌や髪などにトラブルが起きやすくなるので、基本的なことから見直す必要があることも覚えておきましょう。

 

敏感肌の人は、なるべく炎症をおこさないため、そして炎症が起きていない状態をなるべく長期間キープしていく必要があります。
規則正しい生活に改善したら、ゆっくりと皮膚の調子もよくなるので、トラブルが起きない期間や、再び起きたタイミングでの生活や食生活がどんなだったのかを、しっかりと記憶しながら、修正していくといいですね。

 

皮膚科から出る処方箋のほとんどが、ほとんどが、炎症を抑えるステロイド剤かビタミンを補給するビタミンC入りのクリームです。
即効性のあるものはステロイド剤になりますが、長く使うと、今度はそのステロイドに負けてしまったり、と悪循環の繰り返しになります。

 

できれば、生活を改善していくのと、肌内部を補修していくようなスキンケアを選び、ゆっくりと治すのが理想です。
ディセンシアはアトピー肌でも使えるよう、刺激成分を一切使用していません。
その上で、有効成分が肌内部に浸透させるよう作ったスキンケアなので、試せるタイミングで体験しておくといいでしょう。

 

アヤナス10日間セットにBBクリームの特典中

アヤナストライアルセットお試し購入はココ↓

ディセンシアアヤナス購入