保湿成分で「尿素」は選ばないほうがいい?

アトピー肌の人は「尿素」入りのクリームは使わないほうがいいです。

 

これは、アトピー肌ではない普通の人にもあてはまるんですが・・・

 

尿素については少し注意が必要で、「角質除去クリーム」に尿素が入っているのはいいのですが、保湿クリームに尿素が入っているものは普通の肌の人にもあまりおすすめできません。

 

尿素の「角質を分解する」働きそのものはよいのですが、同時に細胞膜を傷つけて、肌そのものを痛めてしまっているんです。

 

尿素入りのクリームを使うと肌が柔らかくなったような気がしますよね。

 

使った後に感じる「肌がうるおった」と感じることについては、本当にうるおったのではなく、表面の角質がとれて肌がやわらかくなった、というわけなんですね。

 

確かに肌がやわらかいと、水分量が多くてぷるぷるしているイメージがありますよね。

 

保湿クリームを買う際には尿素入りのものではなく、セラミド系のものが入ったものを選ぶのがいいですね。

 

まとめとしては

  • 保湿クリームを買うときは尿素入りではなくセラミド入りを選ぶ
  • 角質除去クリームであれば、尿素入りでも大丈夫
  • あまりにもベタベタするような、油分の多いものでなく、なるべくさらっとしたものを選ぶ

 

クリームに油分が多いと、肌が呼吸できなくなってしまい、肌の新陳代謝力を弱めます。サンプルをもらうなどしていろいろ試してみるといいですね。