抗炎症のスキンケアって?

抗炎症の肌については、まずはなによりも真っ先に炎症をおさえることが大切です。炎症が起きている肌に普通のスキンケアをしてもあまり意味がありません。炎症が起きているところにメイクアップなどの化粧もあまりよくないでしょう。炎症を抑えてきちんと肌を落ち着かせてから、次の段階のスキンケア、メイクアップにすすむ必要があります。炎症をしっかりとおさえるために、皮膚科などでの適切な医療措置が必要になります。
炎症の起きた肌で何が起こっているかと言うと、炎症の部位が一生懸命炎症を修復しようという働きがおきています。ですから、何も考えなしに普通の軟膏などをぬってしまうと、その働きをおさえてしまいかねません。
つまり、抗炎症の肌の炎症をおさえる薬やスキンケア商品は、

 

・炎症を修復しつつも、炎症を治す働きをとめないもの
・肌そのものが持つ力を大切にするもの

 

であることが必要なのです。

 

市販の普通の抗炎症の薬では、一時的に治ったように見えても、同じ部位にまたニキビができやすくなってしまったりということもありますが、きちんと根本から治っていればそのようなことはないわけです。