敏感肌が治ってシミも消したいという人のためのスキンケア

敏感肌のスキンケア

シミは、一つでき始めるとる、そこからどんどん増えて行ってしまうので、早いうちから美白化粧品でケアをするのが理想です。

 

特に敏感肌の人は、紫外線によるダメージを受けやすいので、シミやくすみの原因となるメラニンがたくさん作られてしまうため、是非とも美白を徹底したいところです。

 

ところが、敏感肌の人は自分に合わない化粧品を使うと、すぐに肌荒れを起こしてしまいます。敏感肌の人がシミを消すための美白化粧品選びはどういった注意点に気をつければいいのでしょうか?

 

また敏感肌を治しながら美白できる化粧品の選び方にも注意が必要です。

敏感肌はシミが出来やすくシミが多くなる原因とは

敏感肌のスキンケア

敏感肌の人は、肌の保湿成分(セラミドや天然保湿因子など)の量が健康肌に比べて非常に少なくなっていて、肌のバリア機能が壊れてしまっている状態です。肌のバリア機能が正常に働かないと、健康肌なら問題にならないような小さな刺激でも肌に炎症を起こしてしまい、肌が非常に不安定な状態になってしまいます。

 

不安定な状態の肌は紫外線の影響を強く受けてメラニンがたくさん作られますし、肌のターンオーバーが乱れているので作られたメラニンがなかなか外に排出されず、シミやくすみを作る原因となってしまうのです。

 

また、敏感肌の人は、肌の奥でいつも炎症が起こっている状態です。そうするとメラノサイトが異常を起こし、メラニンが肌の奥深くに脱落して、色素沈着を起こしてしまうこともあります。

 

敏感肌でも美白!シミを消す!どんな注意点がある?

効果的にシミを消すには、普段使っている化粧品を美白化粧品に置き換えるだけでも大きな効果があります。ですが、敏感肌の人が美白化粧品を使うときはいくつかの注意点に気をつけなくてはなりません。

 

敏感肌のスキンケア

 

まず、美白成分の中には肌の刺激になるものが多く、健康肌の人でも美白化粧品に変えたとたんに肌がピリピリし出したという人もいます。

 

市販の美白化粧品を使うときは、まずはパッチテストや試供品を使って、自分の肌に合っているかどうかを確認しないといけません。

 

また、敏感肌の人は美白化粧品の効果を感じづらい、という意見が多く、シミを消すために美白に力を入れていても、敏感肌の治療を行わなければ効果が半減してしまいます。

 

つまり、美白しながらも敏感肌の治療を行っていくのが真の美白への近道です!そのためにも、敏感肌の原因となるセラミド不足を補うために、セラミドが配合された化粧品を選ぶといいでしょう。

 

セラミドが入ったスキンケアランキングはこちら

敏感肌を治しながら美白できる化粧品!

敏感肌のスキンケア

セラミドが配合された美白化粧品を使っても肌がピリピリしてしまう人は、アルコール成分や界面活性剤など、敏感肌の刺激になる成分が配合されているのが原因かもしれません。

 

敏感肌を治しながらシミを消すなら、刺激の少ないオーガニック素材を使った美白化粧品や、敏感肌用の美白化粧品を使うのが理想的です。

 

例えば、ディセンシアが展開している敏感肌の女性のための美白化粧品「サエル」は、天然由来の成分を使っているので敏感肌の女性に非常に人気があります。

 

肌に浸透しやすい人型ナノセラミドを配合しつつ、ハトムギの種子から抽出された白様雪がセラミドの構造を整え、さらにコウキエキスが敏感肌の炎症を抑えることで敏感肌の改善に効果があります。

 

さらに美白成分としてセイヨウノコギリエキスやデイリリー花発酵液などの天然由来成分やアルブチンが配合されていて、肌に刺激を与えずにメラニンの生成を抑制してくれます。

 

なかなか自分に合った美白化粧品が見つからない!という人は、お試しトライアルがあるので、まずは試してみるといいでしょう。

 

サエルのトライアルセットが特別価格で購入できます!

サエルのトライアルセット購入